Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京商トロフィ ファイナル その3

ここまできたら、勢いにまかせて書きまくりますよ。
(※やっぱり長いです)

V-ONEの京商カップグランドファイナルが終わったら、最後の最後は京商トロフィ2011
DRXの京商カップグランドファイナルです。
ポールポジションは、番超をはじめとする仲間のみんなの期待を一心に背負った
イパちゃん&A達さんコンビの日産車体九州C。

車検を終えてマシンなどをパドックにもどし、ちょっと遅れて応援にコースへ。
コースをみると各車入り乱れてよくわかんないけど、アナウンスで日産車体九州Cが
トップで後ろを引き離していると知りました。
おぅ~やっぱサスガだ!
この調子で後半もがんばれーと思いながら、ドライバーチェンジも済んだことだし、
万が一に備えてアタシもマーシャルしに所定の位置へ移動。
チームのみんなが乗ってる日産車体九州Cのマシンの後部座席に乗り込みました。

改めてレースを見ると、さっきまでぶっちぎっていたはずが、2番手を走る愛知車輌さんと
同周回になってる!? なんで?
どうやらマシンにトラブルをかかえてしまい、マシンチェンジもしていたよう。
ここからはいつでも飛び出せるよう、かなりフロント荷重でマーシャル待機。
終盤、愛知車輌のオレンジさんがかなりのハイペースで猛追。
会場全体が手に汗握るハラハラドキドキ大興奮の展開だ~。
激しいトップ争いとなり、最後はワンミスがレースを決し、愛知車輌が逆転優勝!
京商カップファイナルにいると噂される魔物か、オレンジさんが一枚上手だったか、
最後は大興奮なレースでした。
皆さんお疲れ様でした。

やっぱ、1番になるって凄いことで難しいことですね~と改めて実感。
みんなめっちゃ頑張ってるのを見てたし、特に上位3チームは地元勢で、普段から
特に力を入れているのをみていたので、やっぱどこが勝っても不思議はないやろな~。

というワケで、DRX優勝は愛知車輌さんで、2位は日産車体九州C、3位はいすゞさん。
お膝元の上位独占となりました~。サスガです
皆さんおめでとうございます。

日産車体九州チームは、両クラスともおしくも2位でした。
でもみんな出し切ってましたね、お疲れ様でした~。

で、ここからはコラム的になりますが、せっかくなので書かせていただきます。

私が今大会で最も注目していたのが、中京から夫婦で参戦した、チームアポロキティさん。
2年前の出会いから、たまに一緒にラジコンやレースをしたりするようになったお友達さん。
ミニッツ出身で、エンジンカーに参入してまだ年月は浅いけど、大変上手な旦那様の
ダニエルさんと、そして私が最も注目している女性ドライバーのキティさん。
キティさんは、DRXで参戦を決めてから猛練習を重ねて、見る度に上手になっています。
そして見事、地区予選を通過して代表権ゲット!
その情報を聞いたときは、大興奮しましたよ。

で、さらにすごいのは、グランドファイナルを走ったこと。
地区予選の狭き門をくぐり抜けてくるのもすごいですが、グランドファイナルですよ。
やはり、ファイナル経験者も多く全国各地のエキスパートが集うグランドファイナルでは
若干ペースは落ちてしまうけれど、それでもしっかり丁寧に落ち着いて持てる力を出し、
周りやレースの状況もよく見ながら、初ファイナルにもかかわらず無駄のない安定走行。
日産車体の後部座席にのりながらも、やはり応援せずにはいられませんでした。

えっとですね、過去の京商カップファイナルには、結構沢山の女性ドライバーが
出走ているんですよ。
以前はレディース枠があったこともあるし、それ以外の一般枠でも女性ドライバーが
ファイナル代表権をゲットしているのです。
アタシが知る限りでは、ざっと13名ほどの女性がファイナルを走り、代表権を持ってたけど
都合で来られなかった女性ドライバーチームもいるのです。
延べで言うともっと多いことになります。

その中でですね、グランドファイナルを走ったことのある女性ドライバーは、全員で4名。
知っている人も多いと思いますが、アタシとさおりちゃん、女子高生だったカオちゃん、
そしてキティさんです。
たしか、アタシの知る限りでは、この4名だけだと思います。うん、たぶん…
って思ったら、自分のこともさることながら、キティさんすげー!と思っちゃいます。

何様か、かなり上から目線になっていますが、一応京商カップの先輩として、
今回の経験もかなり今後の糧になると思うし、既に身についていると思います。
キティさんの今後の活躍に期待大です!
お互い、楽しみながら頑張りましょう~!


それから、話は変わりますが、アタシが京商カップ(京商トロフィ)のいいな~と思うところ、
それは、マーシャル設定がないところ。
最近は個人戦もありますが、チーム戦という部分で、それならではだと思うのです。

一般のレースではマーシャルの設定があることが多く、ポピュラーです。
転けたりスタックすると、マーシャルが助けてくれる。
あくまで助けてくれるのであって、ミスした自分の実力であることはわかっていても、
レースで義務的?役目的?に設定されていると、ついうっかり「マーシャルが起こすの
遅かった」とか言っちゃったりする人もいますが、京商カップでは、救済などもチーム戦略の
中に組み込まれていると、チームみんなで戦っていると、アタシは思うんです。

特に地区予選でのレースは、予選から横一線で一気にスタートするノーマルスタート。
名物的光景が、スタート時の第1コーナー外側にずらりとならぶ、各チーム員。
クラッシュ必至な状況に、チームや仲間が構えてくれています。
いつもこの光景を見て、う~ん、イイ光景だ…とか思っちゃうんですよね~。

それだけではないです。
レースではライバルでも、ラジコン仲間として普段から一緒に楽しんだり、情報交換したり、
さらには全国各地でどんどん仲間を増やしていくと、みんな仲間&良きライバルとなります。
そうすると、知り合いや仲間が助けてくれたり、ラッキーも引きつけられたりしますよね?

そしてそして、一番思うのは、みんな感謝しているということ。
レースだもの、アクシデントもたくさんあります。その中で、ライバルでもお互いを応援したり
していれば、助けてくれたりしたらみんな「ありがとう」って言ってるんです。
マーシャル設定されているレースでは、あまりない光景ではないかな?

アタシなんかは、知って人もいると思うけど、よくコースマーシャルに立っていて、京商カップ
では名物的にいわれたこともありますが、マシンを起こしに行くと、レース後にたいがいみんな
「ありがとうね」と言いに来てくれるのです。
アタシは特に変わった生き物?なので、目に付くのだと思いますが、一応いつもそのコースの
全域を網羅できるポイントに立つので、よくコースを走り回っているのです…。(汗)
アタシは以前、チームと一緒に全国を行脚?(笑)していたから、よくマーシャルに出てるん
だけど、自分のチームや応援してるチーム、お友達などの少しでも助けになればいいな・・・
と思ってマーシャルに立っているので、感謝されたいからではないのですが。

まぁ、アタシは以前レディース枠で参戦していた時期があったので、周りのチームよりも
ちょっと楽な感じで代表権とってるっていう負い目みたいのがあって、もちろん自力で通過
したこともありますが、周りの仲間たちの必死な頑張りをちょっとでも叶えたいとか思って、
マーシャルに立つようになったのは、それがきっかけっていうか…。

話はそれましたが、なんていうか、そういうラッキーに感謝する気持ちがみんなにあるレース
ってすごくイイと思うし、チーム戦略としてきちんとやってるところもあったり、それにそれに、
みんなとても仲良しだし、なんかいいな~といつも思っています。

あ~、勢いあまってとりとめなく書きまくって、非ジョーに読みにくいと思いますが、
最後まで読んで下さった方、うっかり読んじゃった方々、ありがとうございました。

ん~、久々にいっぱい書いたな~。(-_-)zzz
スポンサーサイト

京商トロフィ ファイナル その2

さ、決勝編も要約せず垂れ流しますよ?(※だらだら長いです)
読むのめんどうな人は、その3へ。(←まだつづくのかよ(笑)

というワケで、長い待ち時間を経ていよいよグランドファイナルです。
アタシたちのチーム日産車体九州Bは4番グリッドからのスタート。
スタートドライバーはアタシ。
相方サマはタイヤ4つ付いていればイイ、周りが言うにいわゆる変態さんなので、
アタシがタイヤのおいしいところを使ってしまってもなんとかなる…という作戦。

コースオープンしてウォーミングラップ開始。
走り始めてすぐに「ヤバイ、このクルマめっちゃ速い…」と思いました。
同時に、あとは人間だ…とも思いましたが。

というのも、決勝前に全日本トップレベルの選手達からも教授と慕われるNさんに
エンジン調整をお願いしたのです。
自身もDRXの個人戦で優勝という活躍ぶりです。
エンジン自体の調整もさることながら、アタシらのドライブの特性や30分の長丁場であること
などを見越したエンジン調整であると、走り出した瞬間に感じました。

ウォーミングラップを2周程度でやめ、スタート1分前にピットイン。
クルマがキテるときは、練習はしないのがアタシのスタイルで、タイヤ温存とかそんな感じ。
各マシンがグリッドに移動していて気がつきました。
このグリッドはヤバイ…と。
バックストレートに入るイン側の縁石を中心にすると345がいち早くインをとれるポジション。
しかも、5番グリッドからストレートを目指す距離は同じくらいで、ラインが微妙にかぶる。
4番グリッドのアタシがイン側をとりに行くとクラッシュのキケンがある…。
うぅ~、なんつーグリッドだ…。グリッド前半は誰が先頭に立つかわからない状況だよ。

というわけで、スタート。
フラッグが上がり、5番グリッドのマシンが直線的にストレートへ向かったのを確認しながら
すかさずインをあけ、その後ろにつけました。
スタートクラッシュのキーマンになるのはいやだったし、ロスは最小限にしたい。

そこから、避けて避けて避けて、1周してインフィールド、アタシの前には2台。
のの字を立ち上がって一気に2台に追いつき、手前ストレートを立ち上がるところで一気に
抜きにかかると、抜いたと思ったところでアタシのリヤが軽く接触してしまったよう。
そこで安定感を失って、ピンボールのように蛇行、ヒィ~エェ~。
後ろから来た団子に抜かれつつ、なんとか立ち直ってまた追いかけます。

ペースは悪くない、曲がりも立ち上がりも◎。
エンジンもFリジットドのマシンの特性に応えてくれてる。
気を取り直して、ドライバー交代まで前へ前へ。
フェンスと縁石の外側にある白いペンキの上をガンガン走りました。(笑)
前方にいるマシンに一気に近づき、できる限りのアピールで道を空けてもらったり、
挙動を乱したマシンを避けたり、ちょっとできたイン側のすき間に縁石載せながらパスしたり、
うぉ~このマシンめっちゃ速い!めっちゃ楽しぃ~!……とか思って調子に乗ったてたら、
攻めすぎて転がったり…
最後尾から3位くらいまでを行ったり来たり……、なにやってんだアタシ。
でも、めっちゃ楽しんでいたもの事実ですが、スミマセン。m(__)m

その間、どうせすぐ転けるんだろうよ~といわんばかりに、後ろにつけるとわりとあっさり道を
空けてもらえてたのですが、最後に出会ったのはいすゞのマシンを駆るSKドン。
どうやらアタシは周回遅れなのだろう、このクルマの前に出ないと、トップと同周回には
なれないのだろうな~と思い、ブレーキもタイヤもまだまだイケる調子のイイうちに前に…
と思ったけど、いくらプレッシャーをかけようとも、ギッタンギッタンにしようとも、道を空けて
もらえるワケもなく…。
しかも、ギリギリまで張り付くとブロックラインをとられてしまい、ペースダウンしてしまう。
でも相手はSKドンだ、いつもはついて行くのも難しい地元勢のエースと言ってもいいだろう。
前にでると後ろからイヂメられて、アタシなんて一瞬でゴロンだろな~…とか思いながら、
ペースが落ちないようにマシン1.5台分くらい距離をとってみたりしても、やっぱり詰まる。
どうやらSKドンの曲がりが若干厳しいよう、でも、もちろん後ろも見ながら走ってる。
あぁ~、このままここで悶々とするのか…誰か助けてくれ~と思ったら、ドライバー交代の
時間がキタようだ。ピットのアッキーからお声が…。

幸い、アタシは階段から一番近い場所に立ってたし、いすゞはマシンチェンジのはずだから、
ま~なんとかなるでしょう。
あとは相方サマにキレてもらうだけ。

操縦台を下りてちょっとでSKドンが下りてきて「のりちゃんだから大丈夫だと思った」と。
アタシなら後ろから当てられるコトもナイだろうと思っていただけていたようで……、
それはちょっと嬉しかったけど、うぅ~やっぱりうわてです。(泣)

そうこうしていると、相方サマがマシンとのコンタクトを終えた(笑)ようで、だんだん
ペースアップしてきている。
苦手なマシンも攻略しつつあるようです。
恐らく4~5番手くらいでプロポを渡せていたようで、前にいるマシンを千切っては投げ~
千切っては投げ~、どんどん順位をあげているよう。

後半に入って、ついに2番手までポジションアップ!
トップのいすゞ号を駆るのはY田さん。約半周ほど前方に見えてきました。
そこからさらに相方サマのスイッチON!で、さらにペースアップ。
時には1周につき1秒ほど詰めながら、どんどんいすゞ号にせまっている。
ピットのアタシはワーキャー状態。
2つ隣のいすゞピットのPちゃんとのクチバトルも勃発。(笑)
の「ワーキャー(何言ってるかわからない)」
P「うるせー(笑)」
の「追いついてるー」
P「まだ追いついてないし」
などなど、とても盛り上がりました。(笑)

ピットで騒がしくして周りにご迷惑をかけていた(スミマセンでしたm(__)m)間に、なんと
いすゞ号に3秒差までキター!(テンションMAX)
しかし、Y田さんもちゃんと後ろを見て計算しながら走ってる。
でも…、ん~~~がんばれー、ガンバレー、もうすぐだー!いけー!
そして、差が3……2……1……と縮まってる~!と思ったら、コロ~ン、ズサー。
周り中から一斉に「あぁ~」のため息&どよめき&笑い。(笑)
運良く転がったところにいた人がすぐに助けてくれて、後ろに抜かれずにゴール。
有り難うございました。

というワケで、2位でゴールです。
周りのみんなからは相方サマが責められていましたが(笑)、そもそも前半にアタシが
ミスとかモタモタしてたからなのですよ…。m(__)m

優勝のいすゞさん、おめでとうございます。
ポールtoウインもサスガといったところです。
3位は北海道のイルカちゃん。
ここもサスガです。

走っていて思ったのですが、最初からハイレスポンスだったエンジンが、後半までずっと
立ちもフィーリングも変わらず、マジで凄いと思いました。
それなのに、それなのにぃ~、それを活かせずスミマセン。m(__)m
ブランクも練習不足も未熟なのも重々承知です。
でも、走っていてとても楽しかったです。
ファイナルでこんな楽しいと思いながら走ったのはたぶん初めてかも~。

ファイナルで一緒に走った皆さん、転がるアタシを助けてくれた皆さん、ピットのアッキー、
いろいろ助けてくれて一緒に頑張ってくれた仲間やチームの皆さん、応援してくれた皆さん、
どうも有り難うございました。

というワケで、その3につづく…。(←いやマジで)

京商トロフィ ファイナル その1

京商トロフィファイナルチャンピオンシップ2010-2011に参加した皆さま、
関係者の皆さま、お疲れ様でした。

久々にレポートなんぞ書いてみようかと久々にキーボードに向かうのですが、
全て吐き出して長くなるかもしれないので、斜め読みでよろしくお願いします。

久しぶりに出場した京商トロフィ2010の京商カップ。
チームは、「日産車体九州」で、アタシはBチーム。
ちなみに、A達さんとイパちゃんコンビのCチームも出場していますよ。
取材のついでに何も持たず身体ひとつでの参戦であるにもかかわらず、
幸運にも相方サマのおかげで代表権をゲットして、ちょっとブランクがあったけれど
またチーム戦でのファイナルに戻って参りました。
震災の影響で中止発表がされて、せっかく久々のファイナルだったのにナイなんて…
と意気消沈していましたが、やっぱりやるよの発表に、重い腰を上げたのですよ。

で、アタシが参戦するクラスは、ピュアテンのチーム戦。いわゆるV-ONE京商カップです。

マシンは大好きなV-ONE S3を封印し、新たにV-ONE SRを用意。
TGカップ仕様にしていたのを、GXRエンジンに載せ替えてファイナルに備えました。
マシンセットは粘土デフ&ロールする足の、以前アタシが京商カップに参戦していた
チームのセット「武空調セット」をもっと曲がるように微調整したもの。
最近では、TGエンジンでの走行で誰よりも早くハイサイドしていたので、いろいろ
試してみたりしました。
しかし、硬い足や4WSみたいな動きはなかなか苦手で納得いかず、ダンパースプリングの
初期の柔らかさを残したままでの微調整となりました。
そのおかげでハイサイドはマシになったけど、運転はシビア。
京商サーキットのハイグリップ路面では、ラフな操作ではリヤのイン側が浮いてしまう…。
でもよく考えたら、タイヤがKCスリックなら問題解決ではないか…?と。
それ以前に、GXRに載せ替えた瞬間、TGとは走らせ方が違うおかげで、ハイサイドの心配は
まったくなくなりました。

と、相変わらずの長い前置きはこの辺にして・・・。
でも、続く…にするとまた書けないだろうから、このまま突き進みますよ。

で、いよいよ本番! ファイナル1日目。
カクカクシカジカで関係者様たちにはご心配やお手数おかけして申し訳ありませんでした。
が、なんとか参戦できることに。(のんびり屋さんでお寝坊さんでスミマセンm(__)m)
相方サマは、九州から夜勤明け→朝イチの飛行機で現地入り。

運良くチーム戦は後の組なので、練習走行はできましたよ。
アタシがアタシのマシンで走行。
コースは、いつもの逆回り?の左回りで、シケインが3つくらい追加された状態。
路面はまだまだなんだろうけど、アタシ的にはこの路面でかなりイイ感じ。
今回のタイヤは、R246の接着済みコントロールタイヤのみでの参戦です。
インナーのデータを持たないので、選んだり迷ったりするとアタシのチキンハートには
よろしくないので、気楽に楽しく思い切り走るために、決めうちです。
技術うんぬんよりハートの方が走りに影響大なので…。
ちなみに、練習の後いろんな人からタイヤを聞かれて、R246の接着済みって答えてたら、
あとでショップに行ったときに「たくさん売れたよ」と言われました。

予選1回目、ドライバーはアタシ。
なんか、UPの後ろを調子よく走っていたら、突然マシンの向きが変わって大クラッシュ。
超恥ずかしかった。(笑)
壊れはしなかったものの、タイム出ず。何位だったかも忘れた。(笑)
UPがバラまいたなにかを踏んだ模様。
バンパーがひしゃげただけで済んだので、交換して次へ。

予選2回目、ドライバーはアタシ。
1回目に使い古しのタイヤで走ったので、やっぱり新品は違うんだと実感して、新品でGO!
かなり調子よく、しかも速い人と同じ15秒台にも乗ってノリノリで…。
しかし後半、スピンしたり転んだりして、ハートの弱さと精度の低さが露呈し、ガックリ…。
でもとりあえず19周に入っていたので、この時点で総合5番手。

レース終了後のサーキットでは練習走行が行われ、それはもう大変なことに。
操縦台も満員御礼どころかあふれ出して、コースはイモ洗い状態。
こんな光景滅多にない20台以上が同時走行していたんじゃないかなー。
非常にキケンなので、相方サマのマシンと相方サマがアタシのマシンを走行するのを
メインにし、早々に撤収。(壊れたらヤバイし…)

で、ファイナル2日目も、カクカクシカジカで…。
準備して、最後の予選に挑みます。

予選3回目、ドライバーは相方サマ。
ついに秘密兵器投入ですよ。
拷問にも近い、アタシのマシンで走っていただきます。
相方サマは、アタシのマシンのようにフロントがめっちゃ動くステアをあまり切らないマシン
は苦手なのですが、お尻をたたいてやる気をだしてもらいました。
相方サマの方が精度が高いので、アタシのミス分差し引いたら10秒はタイムUPするハズ。
順応性も高く、常にアタシの0.1秒前を走るので、期待して…いってらっさい。
で、予定通り11秒のタイムアップで総合4番手。

3回目の予選ではたくさんのチームがタイムアップしていました。
アタシのタイムではセミファイナルスタートでした。
いすゞさんトコなんて、プログラムされているかのようなハイペース&ハイアベレージ。
TQは、もちろん地元最強と定評のあるいすゞさんです。
ちなみに、それまではひらいしが暫定TQだったんだけど、TQ→ドボン常習の清ちゃんは
いすゞさんTQでホッと胸をなで下ろしたのでした~。(笑)

予選4番手なので、Aメインシードです。
またグランドファイナル走れます。

あ、やっぱり続きは明日に…。

というワケで、つづく…。(←コレ書くと続かないジンクスを打ち破る予定)

あけましておめでとうございます

2011年になりました。
謹んで初春のお喜び申し上げます。

大晦日に買ったサンヨーのザクティ。



これでザクザク動画撮りますよ。
1400万画素フルハイビジョンと、無駄に画素数デカイので、広角レンズつけて
普通に写真も撮りますよ。
EOS KISS X2の出番が減りそうですが…。

まず始めに、1月3日R246の初売りワンコイン走行祭で激写です。
その後は、1月9日のさがみ湖「お年玉レース」で激写です。

ちなみに、お年玉レースはSクラス(TGとかGXRのゴムタイヤGPツーリング)とDRX、
インファーノGT2とか。
さがみ湖オンロードコース1/10で開催されます。
景品も豪華らしいので、皆さまこぞっていらしてくださいね。

本年もよろしくお願い致します。m(__)m

ケータイ

久々に家で写真を撮ったよ。
ちょっとガサガサしてる・・・。


何年ぶりかにケータイ買ってみた。
最近のはどれもぶ厚くてイヤだったんだけど、いよいよバッテリーがやばいので新調。

あんまり欲しいのがなくて困ったけど、このボタンが可愛かったからコレ。
ドコモP-02B。
これもガサガサしてる・・・。
1008022.jpg

最新機種を買わないトコロがアタシらしい。
コンパクトデジカメとして使うと思えば、悪い気はしない。
とかいいつつコイツを撮るのにコイツは無理なんで、X2サマの出番ですよ。


さて、暑い中246チャレンジお疲れ様でした。
めっちゃ暑かった・・・。
はるばる遠征にきたキティさんに、完璧な女の子仕様のSⅢを作ってあげられなかったのが
申し訳ない・・・。
ていうか、放置プレイのまさに女王様なアタクシのスパルタンな指導に、さぞドン引きだったろなー。
やるきモリモリにしてあげる予定だったのに、アタシがグダグダのヘロヘロで、すまぬ・・・。m(__)m

というワケで、お互いまだまだ修行が必要ですな。
これにこりずまた一緒にラジコンしましょう。

なんか、お手紙みたいだ。

Appendix

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アタシのこと

のりこ
O型
おとめ座
富山県出身の神奈川県民

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最新ログ

ログ検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。